種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

セダムとは 常緑キリンソウとの違い

屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)





セダム(Sedum)とは、ベンケイソウ科のマンネングサ属(学名:sedum属)に分類される多年草の多肉植物です。全世界に400種以上が存在するといわれます。別名「万年草」とか「弁慶草」とも呼ばれています。乾燥に大変強いことが特徴で、海岸や崖などのちょっとした吹きだまりなどほとんど土のない場所でも生育しているものをみかけます。耐乾性に富み、屋上や屋根、人工地盤上など土壌厚や水分の確保が困難な条件下においても生育が可能な植物です。セダムは、CAM型と呼ばれる特殊な光合成を行います。これは、夜に気孔を開いて二酸化炭素を取り込み、リンゴ酸という物質に変化させて貯え、昼は気孔を閉じて貯えたリンゴ酸を使って光合成を行うというものです。この方式は、通常の光合成に比べ効率は落ちますが、蒸散による水の損失を少なくできるため、水の不足しがちな乾燥地や岩の上に生息する植物に適した方法です。繁茂しすぎると蒸れにより病気にかかりやすくなります。 
キリンソウもかっては、マンネングサ属(学名:セダム属)に分類している研究者も見受けられましたが、現在、国際学的にはキリンソウ属に分類されています。 国内では、まだ誤った記述がみられますが、キリンソウは正式にはキリンソウ属に分類されています。常緑キリンソウとセダムは異なる種属になります。常緑キリンソウは、在来のキリンソウの品種改良を行い、より進化した植物です。常緑キリンソウは、セダム類の強さを併せ持ち、セダム類の弱点を克服した、ハイブリッド植物です。


 

→セダムとはtopに戻る
→セダムについてよくあるご質問はこちらへ
→屋上緑化でよく利用されるセダム類の特性topに戻る
→セダム緑化の問題点(セダムの欠点・短所)についてはこちらへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴はこちらへ

 

→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

主なセダム類の特性と常緑キリンソウの比較

屋上緑化などでよく利用されるセダム類と常緑キリンソウの特性を比較してみました。

                    〇〇:特に優れている  〇:優れている  △:劣る

    名   称  生息地 耐暑性 耐寒性 耐乾燥性 耐多湿性 耐塩性 耐日陰性 繁茂性 開花時期 花の色
メキシコマンネングサ       帰化種  〇〇  〇  〇〇  〇  〇〇  〇 〇〇 5月〜6月  黄
モリムラマンネングサ         帰化種  〇  〇  〇〇  〇 〇〇  〇  〇〇 5月〜7月  黄
ツルマンネングサ    帰化種  〇〇  〇〇  〇〇 〇〇  〇  〇〇  〇〇 5月〜6月   黄
レフレクサム   欧州  〇  〇〇  〇〇  〇  〇  〇  〇 6月〜8月  黄
アルブム   欧州  〇  〇〇  〇〇  △  〇  △  〇 6月〜8月  白
    名   称 生息地 耐暑性 耐寒性 耐乾燥性 耐多湿性 耐塩性 耐日陰性 繁茂性 開花時期 花の色
スプリューム   欧州  〇  〇〇 〇〇  〇  〇  〇  〇 7月〜8月  ピンク
オオバマルバマンネングサ   欧州  〇〇  △  〇  〇〇  〇  〇〇  〇〇 5月〜7月  黄
タイトゴメ   日本  〇〇  〇  〇〇  〇  〇〇  〇  〇 5月〜7月  黄
マルバマンネングサ   日本  〇〇  △  〇  〇〇  〇  〇〇 〇〇 5月〜7月  黄
常緑キリンソウ   日本  〇〇  〇〇  〇〇  〇〇 〇〇 〇〇  〇△ 6月〜7月  黄

 

屋上緑化でよく利用されるセダム類の特性

屋上緑化などでよく利用されるセダムとして以下のようなものがあります。

メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)
 Sedum mexicanum
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)屋上緑化:セダム:モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)
 Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimurae
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


ツルマンネングサ(蔓万年草)屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)
 Sedum sarmentosum
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)
 Sedum reflexum

 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


アルブム(コーラルカーペット)屋上緑化:セダム:アルブム(コーラルカーペット)
 Sedum album cv. Coral Carpet
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


スプリューム(コーカサスキリンソウ)屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)
 Sedum spurium
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)屋上緑化:セダム:オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)
 Sedum tetractinum
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


タイトゴメ(大唐米)屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)
 Sedum uniflorum ssp. oryzifolium
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)


マルバマンネングサ(丸葉万年草)屋上緑化:セダム:マルバマンネングサ(丸葉万年草)
 Sedum makinoi
 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)



メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)

屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)-4屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)-3屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)-2屋上緑化:セダム:メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)-1





英名     Mexican stonecrop

学名     Sedum mexicanum

科名属名 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ  草丈:10〜20cm/花径:7〜10mm

花       5〜6月に黄色い花が咲く

形態     茎は直立し、細くて尖った葉が密に着き、黄緑が鮮やか。

         開花期には、高く伸びた花茎の先が伸び、かさ型に黄花が一
          面に広がる。

原産地   不明

生育地   本州(関東地方)から九州に広がり野生している帰化植物。

         道端、道路沿いの荒地、空地など

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   生育地:メキシコで栽培されたものが新種として記載された
          ものであって、
メキシコには自生せず、原産地は不明

         メキシコマンネングサは生育が早いが、セダムの中でも特に
     病気に弱い。
アルタナリア菌、フザリウム菌、ピシウム菌、
     菌核菌等による衰退が見られる。

 

←前へ 1/9 次へ→

 

モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)

屋上緑化:セダム:モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)-4屋上緑化:セダム:モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)-3屋上緑化:セダム:モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)-2屋上緑化:セダム:モリムラマンネングサ(モリムラ万年草)-1





英名     英名はありません

学名     Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimurae

科名属名 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:820cm

       57月に黄色い花が咲く

形態     秋〜春の期間、葉がオレンジ色に紅葉する。

         メノマンネングサの変種。

原産地 

生育地   山地や海岸の岩上。帰化植物。

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   DNAを用いた解析でもメノマンネングサとモリムラマンネング
     サはほとんど同じ。

 

←前へ 2/9 次へ→

 

ツルマンネングサ(蔓万年草)

屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)-4屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)-3屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)-2屋上緑化:セダム:ツルマンネングサ(蔓万年草)-1





英名     Stringy stonecrop

学名     Sedum sarmentosum

科名属名 ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/冬期はほとんど落葉/多肉性/匍匐性

大きさ  草丈:10cm/花径:10mm

       56月に黄色い花が咲く

形態     葉は濃黄緑色で、長さ1325mm、幅38mmの菱状狭楕円
         形で、鋭頭。茎は紅色を帯び、伏して、つる状に伸び、長さ
         約30cmになる。春〜夏期に長く地上をはい成長力は特に旺
         盛である。秋から冬期にかけては、落葉期なので一見枯れた
         外観を呈する。

原産地   東アジア(朝鮮半島・中国北部)

生育地   北海道から九州まで各地で野生している帰化植物。

         都市近郊に多く、石垣や河原、崖地など

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   韓国では食用に供しているともいわれる。

 

←前へ 3/9 次へ→

 

レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)

屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)-4屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)-3屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)-2屋上緑化:セダム:レフレクサム(サカサマンネングサ、逆弁慶草)-1





英名     Jenny’s Stonecrop

学名     Sedum reflexum

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:10cm

       68月に黄色い花が咲く

形態     葉は円柱状で一見針葉樹のような形をしており青緑の色合が
     特徴。地面を這うように広がり30cmに達する。耐寒性に優れ
     ている。

原産地   ヨーロッパ中部〜フィンランド

生育地   ヨーロッパ中部からノルウエー、フィンランドなど北欧まで
     分布する。

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   ドイツでの屋上緑化に多用される。

 

←前へ 4/9 次へ→

 

アルブム(コーラルカーペット)

屋上緑化:セダム:アルブム(コーラルカーペット)-4屋上緑化:セダム:アルブム(コーラルカーペット)-3屋上緑化:セダム:アルブム(コーラルカーペット)-2屋上緑化:セダム:アルブム(コーラルカーペット)-1





英名   

学名     Sedum album cv. Coral Carpet

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:5cm

       68月に白色い花が咲く

形態     夏期は深い紫色を呈するが、冬期、あるいは乾燥条件の厳し
     い時などは赤く変色する。

原産地   ヨーロッパ南部から西アジア、北アフリカなどに分布する。

生育地   ヨーロッパ南部から西アジア、北アフリカなどに分布する。

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   ドイツでの屋上緑化に多用される。

         Sedum album(アルブム)というセダム品種のうちの一種で
     ある。葉、花の形質によって多くの園芸品種がつくられて
     いる。

 

←前へ 5/9 次へ→

 

スプリューム(コーカサスキリンソウ)

屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-4屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-3屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-2屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-1





英名     Two-row stonecrop

学名     Sedum spurium

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/半落葉/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:1015cm/花径:15mm

       78月に桃色の花が咲く(白、赤、赤紫などの品種もある)

形態     丸い葉が鋸歯のような形状をし、バラの花のように重なり、
     夏期は緑色。土壌が乾燥気味であったり春・秋期などは赤紫
     色を示す。冬期は落葉することが多く茎だけの姿になってし
     まうので、一見枯れたような印象を受ける。

原産地   コーカサス北西部、アルメニア地方

生育地   コーカサス北西部、アルメニア地方

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   ドイツでの屋上緑化に多用される。北方地域で花着きが良
     い。冬期、葉が濃紅色になる「コッシニュウム」、「ドラ
     ゴンズ・ブラッド」、ピンクとクリームの斑が入る「トリ
     カラー」などがある。

 

←前へ 6/9 次へ→

 

オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)

屋上緑化:セダム:オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)-4屋上緑化:セダム:オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)-3屋上緑化:セダム:オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)-2屋上緑化:セダム:オオバマルバマンネングサ(大葉丸葉万年草)-1





英名   

学名     Sedum tetractinum

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:15cm

       57月に黄色い花が咲く

形態     肉厚の丸い葉で、葉が八重咲きの花のように見える。

         秋〜春にかけては紅葉し、葉が減少する。半日陰地を好む。

原産地   中国

生育地   山地の岩の上や石垣など

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

 

←前へ 7/9 次へ→

 

タイトゴメ(大唐米)

屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)-4屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)-3屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)-2屋上緑化:セダム:タイトゴメ(大唐米)-1





英名     英名はありません

学名     Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:510cm/花径:510mm

       57月に黄色い花が咲く

形態     葉は互生し、多肉質で緑色をしており円柱状楕円形〜延長上
     倒卵形、円頭。冬季あるいは乾燥条件がきびしいと葉は赤く
     変色する。

原産地   日本(関東地方以西、四国、九州、奄美大島)、朝鮮半島

生育地   海岸の岩場

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   和名は葉の形が南京米に似ていることを指す高知県柏島の方
     言からという説。葉の形が11世紀頃に渡来した、長粒種の大
     唐米に似ていることからと言う説。

 

←前へ 8/9 次へ→

 

マルバマンネングサ(丸葉万年草)

屋上緑化:セダム:マルバマンネングサ(丸葉万年草)-4屋上緑化:セダム:マルバマンネングサ(丸葉万年草)-3屋上緑化:セダム:マルバマンネングサ(丸葉万年草)-2屋上緑化:セダム:マルバマンネングサ(丸葉万年草)-1





英名     英名はありません

学名     Sedum makinoi

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/常緑/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:210cm/花径:10mm

       57月に黄色い花が咲く

形態     緑色で茎は短く、葉は小さく丸い。マット状に生育する。紅
     葉すると赤黄色になる。小型のロゼットで越冬する。

原産地   日本(本州〜九州)

生育地   山地の岩の上や石垣など

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

 

←前へ 9/9 次へ→

 

屋上緑化の問題点 セダム緑化の問題点(セダムの欠点・短所)

常緑キリンソウはセダムの欠点も全て克服しました!

屋上緑化の切り札として「セダム」が利用されてきましたが、欠点も多いこと
がわかってきました。
セダムを使った緑化には下記のような問題点があります。

1.病気や蒸れに弱い。
セダムは繁茂しすぎると蒸れ、枯れる原因となります。また、病気の心配
もあります。

2.雑草に負けてしまう。
雑草はセダムを侵食し、枯らす恐れがあるので定期的な雑草駆除が必要
です。

3.水分蒸発量が少ない。
セダムの葉は小さく、水分の蒸発量が少ないので、冷却効果が少ない。
これはセダム特有のCAM型光合成特性に由来します。

4.緑量を保つのが難しい。
セダムは夏場最大で80%、冬場は30〜40%の繁茂率となり年間を通し
て緑量を保つのは難しい。

5.花が咲いたら枯れてしまう。
セダムは5月〜7月にかけて花を咲かせるが、花が咲いた茎が枯れるの
で、緑の量が少なくなります。

6.冬場の緑量が少なくなる。
セダムは、冬場に紅葉・落葉し、枯れたような状態になるため緑の量が少
なくなります。

7.管理には注意が必要。
セダムは水が多いと根が腐りやすく、肥料が多いと急速に繁殖、花を咲か
せて一気に枯れてしまいます。

上記のようなセダムの問題点を「常緑キリンソウ」は全て克服しました。
常緑キリンソウはセダムではありません。
セダムに代る日本原産のハイブリッド植物です。
屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化で活躍する常緑キリンソウとは