種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

スプリューム(コーカサスキリンソウ)

屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-4屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-3屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-2屋上緑化:セダム:スプリューム(コーカサスキリンソウ)-1





英名     Two-row stonecrop

学名     Sedum spurium

科名属名  ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)

性状     多年草/半落葉/多肉性/匍匐性

大きさ   草丈:1015cm/花径:15mm

       78月に桃色の花が咲く(白、赤、赤紫などの品種もある)

形態     丸い葉が鋸歯のような形状をし、バラの花のように重なり、
     夏期は緑色。土壌が乾燥気味であったり春・秋期などは赤紫
     色を示す。冬期は落葉することが多く茎だけの姿になってし
     まうので、一見枯れたような印象を受ける。

原産地   コーカサス北西部、アルメニア地方

生育地   コーカサス北西部、アルメニア地方

利用     屋上緑化、グランドカバー、花壇、鉢植え等。

その他   ドイツでの屋上緑化に多用される。北方地域で花着きが良
     い。冬期、葉が濃紅色になる「コッシニュウム」、「ドラ
     ゴンズ・ブラッド」、ピンクとクリームの斑が入る「トリ
     カラー」などがある。

 

←前へ 6/9 次へ→