種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

常緑キリンソウ袋方式・FTMバッグ・緑の夢袋プロジェクト

常緑キリンソウ袋方式(FTMバッグ)とは

 

「土壌流防」「雑草対策」「簡単緑化」を実現した新しい緑化方式が常緑キリンソウ袋方式(FTMバッグ・緑の夢袋・小さな森の袋)です。

常緑キリンソウ専用土壌を袋に入れ、雑草対策、土壌流出対策、置くだけの簡単緑化・持ち運び(移動)を可能とした、新しい緑化方法が常緑キリン草袋方式(FTMバッグ)です。

  常緑キリンソウ袋方式1-1常緑キリンソウ袋方式1-2常緑キリンソウ袋方式1-3

 

 

 

 

 


 袋を並べるだけで、簡単に屋上緑化が完成します。

工事で屋上を汚すことも無く、誰でも簡単に屋上緑化ができます。


昨今、ゲリラ豪雨のような激しい雨が降り、屋上緑化の土壌が流出したり、風での飛散が問題となっています。また、植物が衰退し、雑草化することが、屋上緑化での大きな問題となっています。これらの問題を解決したのが、この常緑キリンソウ袋方式(FTMバッグ)です。


屋上緑化の場合には、土壌の厚さは4cm〜5cm程度で、雨水のみで灌水装置を必要としません。雑草対策が施してありますので、メンテナンスの軽減に大きく貢献します。

 

また、製造過程・現場での作業でも極力ゴミを出さないように配慮されています。雨水利用+メンテナンスの軽減+ゴミの削減で環境に配慮した21世紀の環境配慮型の緑化方式です。

 

常緑キリンソウは、樹木のように木質化するため、CO2の固定が高く、環境問題に貢献します。小さな樹木が並んだ姿は、まるで屋上に小さな森が誕生するかのようです。

 

袋は様々な形状に加工でき少量の土壌と雨水で生育可能な常緑キリンソウとの組み合わせで、屋上緑化・壁面緑化・法面緑化・高速道路・鉄道・護岸などの環境緑化など様々な場所での利用が可能となりました。

 

袋タイプざぶとん型(基本サイズ 500×500)(FTM001

袋状のパックに苗を植えつけた状態で出荷します。

出荷までの養生時間により、苗の繁茂状態が変わります

屋上緑化・折板屋根緑化などに利用します。

 

常緑キリンソウ袋方式2-1

常緑キリンソウ袋方式2-2

常緑キリンソウ袋方式2-3

 

 

 

 

 

 

 

 

常緑キリンソウ袋方式:ざぶとん型(座布団型)(基本サイズ 500×500

 

ファスナータイプ:ファスナーで苗を入れるタイプもあります。現場で苗の植付けも可能です。

また、固定用金物・連結金物により、風対策(風圧対策)仕様もあります。

 

 

常緑キリンソウ袋方式3-1

常緑キリンソウ袋方式3-2

常緑キリンソウ袋方式3-3

 

 

 

 

 

 

 

 

常緑キリンソウ袋方式:ファスナーと連結用の金物

 

袋タイプ2 袋型(筒型)(基本サイズ 100×1000FTM002

袋タイプ3 袋型(筒型)(折板用)(基本サイズ 150×000)(FTM003

壁面緑化・折板屋根緑化・傾斜屋根緑化などに利用します。

出荷までの養生時間により、苗の繁茂状態が変わります。

 

常緑キリンソウ袋方式4-1

常緑キリンソウ袋方式4-2

常緑キリンソウ袋方式4-3

 

 

 

 

 

 

 

 

常緑キリンソウ袋方式:袋型(筒型)(基本サイズ 100×1000 200×1000

 

折板屋根緑化では、下地と袋を金物等で固定します。また、設置間隔を広くすることで、1uあたりの荷重を軽くすることができます。

 

常緑キリンソウ袋方式5-1

常緑キリンソウ袋方式5-2

常緑キリンソウ袋方式5-3

 

 

 

 

 

 

 

 

折板屋根緑化 (常緑キリンソウ袋方式)

 

 

今まで緑化が難しかった民家屋根も緑化が可能になります。

 

常緑キリンソウ袋方式6-1

常緑キリンソウ袋方式6-2

常緑キリンソウ袋方式6-3

 

 

 

 

 

 

 

 

民家の傾斜屋根緑化(常緑キリンソウ袋方式)

 

 

壁面緑化には袋型(筒型)を使用し緑化を行なっています。

 

常緑キリンソウ袋方式7-1

常緑キリンソウ袋方式7-2

常緑キリンソウ袋方式7-3

 

 

 

 

 

 

 

 

立体駐車場の壁面緑化(常緑キリンソウ袋方式)

 

工事現場での仮囲いを緑化。仮囲いを撤去する段階で、屋上へ移動させ、屋上緑化として利用。

屋上緑化している建物も、地上からは見ることが出来ません。工事段階で、屋上緑化で使用する物を、工事用の環境緑化として、周辺環境への配慮として活用することができます。また、建物が環境へ配慮していることをアピールすることにもつながります。

 

常緑キリンソウ袋方式8-1

常緑キリンソウ袋方式8-2

常緑キリンソウ袋方式8-3

 

 

 

 

 

 

 

 

工事現場での仮囲いを緑化(常緑キリンソウ袋方式)

 

 

常緑キリンソウ袋方式9-1

常緑キリンソウ袋方式9-2

常緑キリンソウ袋方式9-3

 

 

 

 

 

 

 

 

ガードレールを緑化(常緑キリンソウ袋方式)

 

 

常緑キリンソウ袋方式 「ぼくらの夢袋プロジェクト」

町に小さな森をつくろう! 「ぼくらの夢袋プロジェクト」
ぼくらの手で環境を取り戻します。

環境緑化植物の開発・生産を手がける弊社フジタパラダイスパークは、日本原産の環境ハイブリッド植物「常緑キリンソウ」の開発に日本で初めて成功しました。この植物を利用し、子供たちが「まちづくり」に参加できる環境緑化プロジェクト「ぼくらの夢袋プロジェクト」をスタートさせました

ぼくらの夢袋.jpg










土壌を袋に入れ、雑草対策、土壌流出対策、置くだけの簡単施工・持ち運びを可能としたのが夢袋(常緑キリンソウ袋方式)です。子供達でも簡単に屋上緑化が可能となりました。袋は様々な形状に加工できる事、少量の土壌と雨水で生育可能な常緑キリンソウとの組み合わせで、屋上緑化をはじめてとして、壁面緑化・高速道路、鉄道、護岸などの環境緑化など様々な場所での利用が可能となりました。これまで工事は、官公庁や業者主導で行なわれてきましたが、「ぼくらの夢袋プロジェクト」では、子供たちが主役となり、環境教育と情操教育に取り組み、環境に優しく、愛着のある「まちづくり」を目指します。袋に名札を付け、植物の生長に関心を持ち、町づくり参加することで、愛着のある・思い出に残る・教育ができる・環境に優しい「まちづくり」が可能となります。

ぼくらの夢袋2.jpgサブトン型袋名札付.jpg筒型袋名札付.jpg





ぼくの夢、わたしの夢、未来への夢・希望、エコが詰まっています。袋に名前を付けて、まちづくりに参加しましょう!入学式、卒業記念、まちづくりなどいろいろな名札が作れます。オーダーも可能です。詳しくは、お問い合わせ下さい。

 

 

常緑キリンソウ袋方式 「緑の夢袋 1ピースプロジェクト」

常緑キリンソウ袋方式 「緑の夢袋 1ピースプロジェクト」
「つないで・つないで」小さな森をつくろう!

1ピースプロジェクト1サブトン型袋名札付.jpgp1.jpg






 

常緑キリンソウ袋方式「ぼくらの夢袋」は、専用金物で隣の袋と連結ができます。ひとりひとりは小さな力かもしれません。しかし、みんなが手をつないだらどうでしょう。そんな、発想から生まれたのが、「緑の夢袋 1ピースプロジェクト」です。 ひとりひとりが、環境に貢献できる力は、わずかかもしれません。でも、皆で始めれば、それは大きな力になります。夢袋をつないで、まちづくりに参加しませんか。

1ピースプロジェクト2

1ピースプロジェクト31ピースプロジェクト4








1ピースプロジェクト6筒型袋名札付.jpg

 







 

袋と袋を連結することで、風や、豪雨に対する抵抗力も格段に増加します。

袋をつなげよう! 広がる環境の輪。 みんなが参加するまちづくり。