常緑キリンソウ違法増殖販売者に種苗法違反との有罪判決(刑事事件)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ
常緑キリンソウ違法増殖販売者に種苗法違反との有罪判決


平素は、常緑キリンソウ普及協会の常緑キリンソウ「トットリフジタ1号:品種登録番号15866号」をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

常緑キリンソウ「トットリフジタ1号」を違法増殖販売していた容疑(種苗法違反)で、2015年1月25日に逮捕された緑化事業会社が、同年2月15日に起訴されました。
同年5月25日、植物を生産していた農場経営者は罪を認め、検察が求刑し、同年7月6日、種苗法違反の罪で、1年2か月執行猶予3年の有罪判決が下されました。控訴期間(2週間)が過ぎ、刑事事件での有罪判決が確定しています。

 
【種苗法に関する無料相談実施のお知らせ】

種苗法に関する注意事項や相談につきましては『重要なお知らせ・種苗法』をご覧ください。
 

絶賛好評発売中!! 「常緑キリンソウ袋方式」

絶賛好評発売中!! 「常緑キリンソウ袋方式」

 

「土壌流防」「雑草対策」「簡単緑化」を実現した新しい緑化方式が常緑キリンソウ袋方式(FTMバッグ・緑の夢袋・小さな森の袋)です。

常緑キリンソウ専用土壌を袋に入れ、雑草対策、土壌流出対策、置くだけの簡単緑化・持ち運び(移動)を可能とした、新しい緑化方式です。

 

常緑キリンソウ袋方式1-1

常緑キリンソウ袋方式1-2

常緑キリンソウ袋方式1-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袋を並べるだけで、簡単に屋上緑化が完成します。

工事で屋上を汚すことも無く、誰でも簡単に屋上緑化ができます。
日本経済新聞に掲載されました。「緑の座布団」屋上覆う 2009年12月5日

 


→常緑キリンソウ袋方式の特徴・詳細はこちらへ

セダムに代る救世主 ハイブリッド植物 常緑キリンソウ登場!

セダムに代る救世主、常緑キリンソウ登場!
屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化
法面緑化で活躍する常緑キリンソウ
今までのセダム緑化が変わります。

AG緑化工法は、常緑キリンソウを使った緑化システム工法です。

屋上緑化:常緑キリンソウ-1-1屋上緑化:常緑キリンソウ-1-2屋上緑化:常緑キリンソウ-1-3屋上緑化:常緑キリンソウ-1-4
常緑キリンソウはセダムではありません。
常緑キリンソウは屋上緑化・壁面緑化・法面緑化・環境緑化などに
最適なハイブリッド植物です。

常緑キリンソウが東京都で採用されました。

常緑キリンソウが東京都で採用されました。

東京都で、常緑キリンソウのCO2固定度の高さ、ローメンテナンス性、環境への貢献度が評価され、教育庁(東京都立高校)で採用され、2009年3月に7校の工事が実施されました。

1.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg3.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg4.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg




5.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg7.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg2.常緑キリンソウ東京都立高校屋上緑化施工事例.jpg

 





→常緑キリンソウ施工事例はこちらへ

屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化・雑草防止で活躍する常緑麒麟草
屋上、壁面、急斜面、曲面など今まで緑化が難しかった
部分を常緑キリン草が1年通して緑のオアシスに変えます。

キリンソウは各地の山地や海岸の乾いた岩の上などに自生する植物で、日本全土に分布していますが、全ての品種は落葉します。冬期間常緑でいる品種はこの常緑麒麟草だけです。屋上、壁面、急斜面、曲面など今まで緑化が難しかった部分を常緑キリン草が緑のオアシスに変えます。常緑キリンソウは、耐暑性、耐寒性、耐乾燥性、耐多湿性、耐塩性、耐日陰性に優れるため、屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化・雑草防止で活躍しています。

傾斜70度、下地はコンクリートで景観修復を含め緑化し、中央手前は従来のキリンソウ、奥側は常緑麒麟草で比較する為に分けて施工しました。4月から10月は両方変わり無く育っている状態です。
キリンソウと常緑キリンソウ4月から10月の状態

12月のキリンソウの状態(左側:従来のキリンソウ 右側:常緑麒麟草)
キリンソウと常緑キリンソウ12月の状態比較

従来のキリンソウ12月の状態

キリンソウ12月の状態

キリンソウ12月の状態

冬の期間は落葉
11月より3月までは冬芽で過ごす。
常緑麒麟草12月の状態

常緑キリンソウ12月の状態

常緑キリンソウ12月の状態

11月に新旧芽の入れ替わり、新芽が伸び始め冬季期間成長し常緑で過ごす。

→常緑キリンソウの特徴について
→主なセダム類の特性と常緑キリンソウの比較について

常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)とは

 日本原産
全く新しい緑化用植物 「常緑キリンソウ」 

環境保全および地球温暖化を抑止する目的で、日本のセダム研究の第一人者である潟tジタ(パラダイスパーク)の藤田社長の手によって、新しい植物が開発されました。キリンソウは日本在来の植物で、日本各地の山地や海岸の乾いた岩の上などに自生する植物です。キリンソウの由来は、中国の古書に出てくる想像上の動物、麒麟(きりん)に由来すると言われている縁起のいい植物で、乾燥や暑さに対する抵抗力は極めて強く、また耐多湿性や耐寒性も極めて強い植物です。江戸時代には飢餓に備え、若葉を塩茹でし乾燥させ保存食に使っていたとも言われております。また、薬用効果もあり蚊、蜂などの虫刺され、浅い切り傷等にも効きます。キリンソウは、これまでセダム緑化に失敗した箇所の補修用としても利用されてきました。このように優れた点が多くある植物ですが、冬季間は落葉していました。この唯一の大きな弱点を克服し、環境に負荷をかけずに緑化でき、温暖化防止にも貢献できるように進化したのがベンケイソウ科キリンソウ属「常緑キリンソウ」です。「常緑キリンソウ」は、屋上緑化・壁面緑化・法面緑化など、環境に改善に貢献できる植物です。
左側:従来のキリンソウ 右側:常緑キリンソウ(2月撮影)
常緑キリン草種苗登録証-2 .jpg常緑キリン草種苗登録証-1.jpgキリンソウと常緑キリンソウ.jpg






 

常緑キリンソウは株式会社フジタにて種苗登録されています。
品種番号第15866号 品種番号第15867号

新常緑キリンソウ施工事例

新常緑キリンソウ施工事例

屋上、壁面、急斜面、曲面など今まで緑化が難しかった部分を新常緑キリンソウが緑のオアシスに変えます。新常緑キリンソウは、耐暑性、耐寒性、耐乾燥性、耐多湿性、耐塩性、耐日陰性に優れるため、屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化・雑草防止等で活躍しています。

常緑キリンソウ屋上緑化施工事例1.JPG常緑キリンソウ折板屋根緑化施工事例1.jpg常緑キリンソウ壁面緑化施工事例1.JPG常緑キリンソウ法面緑化施工事例2.JPG常緑キリンソウ屋根緑化施工事例1.JPG常緑キリンソウ緑地帯施工事例4.jpg



常緑キリンソウ砂防堰堤施工事例4.jpg常緑キリンソウ植樹桝施工事例3.jpg常緑キリンソウ屋上緑化施工事例15.jpg常緑キリンソウ折板屋根緑化施工事例9.jpg常緑キリンソウ折板屋根緑化施工事例5.jpg常緑キリンソウ庭園緑化施工事例1.JPG




 施工事例TOP
 屋上緑化施工事例

 

 折板屋根施工事例
 壁面緑化施工事例


 

 法面緑化施工事例
 緑地帯他その他施工事例

 



お知らせ・緑化ニュース

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ・屋上緑化偽装問題・種苗法違反 2014年9月

 

2012土壌・地下水環境店に出展しました。 2012年10月17日〜10月19日

 

NHKニュースおはよう日本で「キリンソウ」が紹介で紹介されました。 2012年10月9日

 

いちおしNEWSとっとり(NHK鳥取)で紹介されました。 2012年9月19日

NHK鳥取放送局が東京:浅草の現場を取材 2012年9月14日

スマートグリッド展2012に出展しました。 2012年5月30日〜6月1日

 

汚染土壌の仮置き場の緑化(本宮市)日本海テレビで紹介されました。 2012年4月25日


福島民報に掲載されました。汚染土壌の仮置き場の緑化 2012年4月21日

福全国まちづくり懇話会と常緑麒麟草普及協会が緑化マットを本宮市に寄贈 2012年4月19日

KIPPO NEWSに掲載されました。屋上緑化に新方式 2010年1月20日
フジタパラダイスパークが、1年中緑を絶やさない「常緑キリンソウ」を使った屋上緑化の新方式を開発した。雑草防止と土壌流出を防ぎ、施工や管理を手軽にした。 


NHKニュースで放映されました。環境ビジネス分野で注目 2009年12月28日
「常緑キリンソウ」は建物の温度を下げ、CO2を削減する効果が期待され、自治体や企業で導入が進んでいる。今までの植物に比べ、非常に強健なうえ、管理が少なくてすむのが特徴。 


発明くふう展で表彰。発明協会会長奨励賞を受賞 2009年12月13日
「ファスナーを使用した袋(緑の夢袋)は、用途が格段に広がり、環境緑化に大きく貢献できる。児童や一般の人でも緑化が可能となり、環境緑化が身近なものとなる。」と評価されました。

 

日本経済新聞に掲載されました。「緑の座布団」屋上覆う 2009年12月5日
フジタパラダイスパークが屋上緑化の施工や管理を手軽にするために開発した袋(緑の座布団)常緑キリンソウ袋方式が紹介。土壌を袋に詰めることで雑草が生えず、土壌流出を解決。 

 

読売新聞に掲載されました。小袋敷き詰め屋上緑化 2009年11月8日
フジタパラダイスパークが、植物の苗を植えこんだ50cm四方の袋を屋上に敷き詰める新方式を考案した。土盛りなど大がかりな工事が必要な一般的な屋上緑化よりも手軽に緑化が可能。

 

工業技術新聞に掲載されました。ハイブリッド植物が話題 2008年10月20日
環境緑化に最適な機能を有するハイブリッド植物「常緑キリン草」が話題。「常緑キリン草」は、セダムの問題点を解決するために開発された緑化用のハイブリッド植物で、環境保全に貢献。

 

常緑キリンソウ袋方式のメニューを追加しました。 2009年12月5日