種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

環境緑化に最適な機能を有するハイブリッド植物「常緑キリン草」が話題

工業技術新聞に掲載されました。2008年10月20日(月曜日)

環境緑化に最適な機能を有する
ハイブリッド植物「常緑キリン草」が話題
  
工業技術新聞2008.10.20.jpg  「常緑キリン草」は、セダムの問題点を解決するた
  めに開発された緑化用のハイブリッド植物で、都市
  の緑化を実現すると共に環境保全に貢献する。

 

  ←画像クリックで拡大されます。

 

 

→緑化ニュースのtopに戻る
→種苗法・品種育成者権とは
→常緑キリンソウ袋方式の特徴・詳細はこちらへ
常緑キリンソウ(常緑キリン草)の特徴はこちらへ
→常緑キリンソウ普及協会の概要及び活動内容をご紹介
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクトはこちらへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る