種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

コンセプト・脱環境メタボ宣言

脱環境メタボ宣言


「脱環境メタボ宣言」とは、LCAを通して環境負荷を考え、地球環境改善に貢献する行動宣言です。
 

ゲリラ豪雨(集中豪雨)が全国的に多発し、大きな災害をもたらしました。また、洞爺湖サミットが開催され、環境問題に対する意識も高くなり、材料の採取、製造、使用、処分にいたる生涯を通しての環境への影響を評価するライフサイクルアセスメント(LCA:Life Cycle Assment)が注目されています。目先のCO2だけに目を奪われることなく、生涯にわたってのライフサイクルCO2(以下、LCCO2)が重要になります。実際、我々の周りにも一見環境によさそうでも、実は環境に負荷をかけている隠れ肥満(環境メタボ)が多く存在しています。昨今の緑化には、灌水で貴重な水資源を使用し、製造時及び維持管理時に環境に負荷与えている環境メタボが存在し、これを削減することが重要です。
常緑キリンソウは、LCAを念頭に置き、LCCO2削減、環境に貢献することを目的とした環境緑化を目指しています。

 

→常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る