失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の専用サイトが公開
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式

専用サイトが公開



失敗しない屋上緑化システム常緑キリンソウ袋方式

 
 

1.屋上緑化で失敗する原因

   (1)雑草問題

   (2)土壌の流出問題

   (3)薄層緑化で使用する植物選定のポイント

2.工法選定のポイント

3.失敗しない屋上緑化システムの特徴

4.常緑キリンソウ袋方式施工事例

 

下記サイトにてご紹介しております。

 

失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式 公式サイト

 
屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点

屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点


雑草に負けてしまいました

 

土壌が流出飛散しました

 


(1)雑草問題

(2)土壌の流出問題・土壌の飛散問題

土壌流出実験土壌飛散実験
 YouTubeにて実験動画公開中!(画像クリック)


下記にて屋上緑化の失敗の原因・問題点をご紹介しております。
失敗しない屋上緑化システム:屋上緑化の失敗の原因・問題点


これまでの屋上緑化システムには雑草問題・土壌の流出飛散の
問題がありました。

これらの問題を解決したのが、「常緑キリンソウ袋方式」です。

 
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の特徴
 

2.ハイブリッドな光合成(常緑キリンソウの特徴)

2.ハイブリッドな光合成

 


常緑キリンソウは、C3型とCAM型光合成を使い分けることができます。

植物は光合成を行う仕組みの違いによって、大きくC3植物(木本植物のほとんどや稲、小麦など)、C4植物(トウモロコシ、サトウキビなど)、CAM植物(パイナップル、サボテン、多肉植物など)に分けることができます。

森林などを構成する樹木は「C3植物」で、セダムは「CAM植物」です。


【C3型】植物の特徴
昼間に気孔を開いてCO2を取り入れ、光合成を行う。
【長所】蒸散効果による冷却効果が高い。
【短所】水分が奪われるので、植物が乾燥しやすくなる。

【C3型光合成】
C3型光合成.jpg樹木はC3型植物.jpg











【CAM型】植物の特徴
夜間にCO2を吸収、昼間は気孔を閉じたまま光合成を行う。
【長所】蒸無駄な水分の蒸散を防ぐので、乾燥に強く枯れにくい。
【短所】水分の蒸散量が少なく、冷却効果が低い。

【CAM型光合成】
CAM型光合成.jpg



常緑キリンソウは、C3型とCAM型両方の植物の長所を兼ね備え、環境に応じて光合成の方法を使い分ける「ハイブリッド植物」です。

屋上緑化:常緑キリンソウ-1-4屋上緑化:常緑キリンソウ-1-3屋上緑化:常緑キリンソウ-1-2屋上緑化:常緑キリンソウ-1-1






【誘導型CAM型】植物の特徴
水分が多い時にはC3型、不足時にはCAM型の光合成を行う。
【長所】水分の調節が行うので、過湿な場所でも過乾燥な場所でも生育できる。

「常緑キリンソウ」は日本原産でC3型とCAM型の両方の機能を備えた「ハイブリッドな植物」であるため、日本の気候(雨が多い梅雨、暑い夏、乾燥する冬、雪が降り氷点下になる冬)に非常に適しており、屋上緑化・壁面緑化・法面緑化・雑防止などで日本全国で活躍できる植物です。

 

←前へ 2/8 次へ→


 

→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴topに戻る

→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る