失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の専用サイトが公開
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式

専用サイトが公開



失敗しない屋上緑化システム常緑キリンソウ袋方式

 
 

1.屋上緑化で失敗する原因

   (1)雑草問題

   (2)土壌の流出問題

   (3)薄層緑化で使用する植物選定のポイント

2.工法選定のポイント

3.失敗しない屋上緑化システムの特徴

4.常緑キリンソウ袋方式施工事例

 

下記サイトにてご紹介しております。

 

失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式 公式サイト

 
屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点

屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点


雑草に負けてしまいました

 

土壌が流出飛散しました

 


(1)雑草問題

(2)土壌の流出問題・土壌の飛散問題

土壌流出実験土壌飛散実験
 YouTubeにて実験動画公開中!(画像クリック)


下記にて屋上緑化の失敗の原因・問題点をご紹介しております。
失敗しない屋上緑化システム:屋上緑化の失敗の原因・問題点


これまでの屋上緑化システムには雑草問題・土壌の流出飛散の
問題がありました。

これらの問題を解決したのが、「常緑キリンソウ袋方式」です。

 
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の特徴
 

1.冬でも緑が豊富(常緑キリンソウの特徴)

1.冬でも緑が豊富

屋上、壁面、急斜面、曲面など今まで緑化が難しかった部分を常緑キリン草が1年を通して緑のオアシスに変えます。常緑キリンソウは、耐暑性、耐寒性、耐乾燥性、耐多湿性、耐塩性、耐日陰性に優れるため、屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化・雑草防止で活躍しています。

傾斜70度、下地はコンクリートで景観修復を含め緑化し、中央手前は従来のキリンソウ、奥側は常緑麒麟草で比較をする為に分けて施工しました。4月〜10月は両方変わり無く育っている状態です。
キリンソウと常緑キリンソウ4月から10月の状態










12月のキリンソウの状態(左側:従来のキリンソウ 右側:常緑麒麟草)
キリンソウと常緑キリンソウ12月の状態比較











常緑麒麟草12月の状態

 従来のキリンソウ12月の状態


キリンソウ12月の状態常緑キリンソウ12月の状態







キリンソウ12月の状態常緑キリンソウ12月の状態






11月に新旧芽の入れ替わり、新芽が伸び始め冬季期間成長し常緑で過ごす。

 冬の期間は落葉
11月より3月までは冬芽で過ごす。


 

←前へ 1/8 次へ→


→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴topに戻る

→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る