失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の専用サイトが公開
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式

専用サイトが公開



失敗しない屋上緑化システム常緑キリンソウ袋方式

 
 

1.屋上緑化で失敗する原因

   (1)雑草問題

   (2)土壌の流出問題

   (3)薄層緑化で使用する植物選定のポイント

2.工法選定のポイント

3.失敗しない屋上緑化システムの特徴

4.常緑キリンソウ袋方式施工事例

 

下記サイトにてご紹介しております。

 

失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式 公式サイト

 
屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点

屋上緑化失敗の原因・屋上緑化の問題点


雑草に負けてしまいました

 

土壌が流出飛散しました

 


(1)雑草問題

(2)土壌の流出問題・土壌の飛散問題

土壌流出実験土壌飛散実験
 YouTubeにて実験動画公開中!(画像クリック)


下記にて屋上緑化の失敗の原因・問題点をご紹介しております。
失敗しない屋上緑化システム:屋上緑化の失敗の原因・問題点


これまでの屋上緑化システムには雑草問題・土壌の流出飛散の
問題がありました。

これらの問題を解決したのが、「常緑キリンソウ袋方式」です。

 
失敗しない屋上緑化システム:常緑キリンソウ袋方式の特徴
 

お問合せ(種苗相談)常緑キリンソウ.com

平素は、常緑キリンソウ普及協会の常緑キリンソウ「トットリフジタ1号:品種登録番号15866号」をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

常緑キリンソウ「トットリフジタ1号」を違法増殖販売していた容疑(種苗法違反)で、2015年1月25日に刑事事件で逮捕され緑化会社 が、同年2月15日に起訴されました。
同年5月25日、植物を生産していた農場経営者は罪を認め、検察が求刑し、同年7月6日、種苗法違反の罪で、1年2か月執行猶予3年の有罪判決(刑事事件)が下されました。
控訴期間(2週間)が過ぎ、有罪判決が確定しています。

上記2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

ホームページ上の『重要なお知らせ 常緑キリンソウの違法増殖品にご注意ください』でご案内差し上げているとおり、違法増殖品の発見以来、協会では警察に捜査を要請するとともに、違法増殖販売者の追及に協力して参りました。

常緑キリンソウ普及協会は、お客様に商品を安心してお買い求めいただけるよう、このような違法品に対して、今後も毅然とした態度で臨んで参ります。
お客様がこのような違法品の被害やトラブルに遭われることを未然に防ぐためにも、常緑キリンソウの正規の販売店でお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

現在、違法品の使用に対してご不安な方々に対しまして、無料相談を実施しております。

 

【種苗に関する無料相談実施のお知らせ】

@種苗法違反の製品を使用しているか確認したい。
  対象:2012年以降に購入した商品
A違法品を放置しているとどうなるの?
  撤去命令により、違法品が撤去される場合があります。

B違法品を使用した造園会社やゼネコンに責任はあるの?  
  場合によっては、種苗法の適用範囲となります*1。
C違法品は撤去させられるの?

  撤去命令により撤去が実行される場合があります。*2
D解決策は? その他etc

*1 育成者権の侵害は、種苗法第35条に過失の推定の規定があり、これによって育成者権を侵害した者は、その行為について過失があったものと推定されますので、知らないうちに侵害品を取り扱ってしまった場合においても、過失がなかったことを立証しない限り、その過失責任を問われます。なお、罰則は故意の場合に限り適用されます。
*よく寄せられる質問-問36より − 農研機構HP 種苗管理センター

*2 育成者権が侵害された場合、@侵害行為を止めること、侵害行為において作られた種苗、収穫物若しくは加工品の廃棄を求めること等(差止請求)、A損害の賠償を求めること(損害賠償請求)、B信用の回復に必要な措置を求めること(信用回復の措置請求)が出来ます。
権利侵害のページをご参照下さい。


まずは、お気軽にご相談下さい。


下記フォームにお問い合わせ内容をご入力のうえ、ご送信ください。


お電話でのご相談・お問合せを承っております。 どうぞお気軽にお問合せください

TEL:045-326-6587  FAX:045-326-6588

電話でのお問合せ時間:月曜〜金曜 9:30〜17:00
上記以外はメールにてお問い合わせください。
 

お問合せフォーム(種苗に関する相談)

会社名

(例:山田商事株式会社)
郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
住所

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

*プライバシーポリシーをご確認上、ボタンをクリックして下さい。

個人情報の取り扱いについて

プライバシーポリシー

 

ウェブサイトは、株式会社緑化計画研究所(以下「当社」)の事業内容等を紹介するサイトです。

 

個人情報保護方針

 

当社は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

 

個人情報の管理

 

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

 

個人情報の利用目的

 

本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

 

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

 

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

 

・お客さまの同意がある場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

 

個人情報の安全対策

 

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

 

ご本人の照会

 

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

 

法令、規範の遵守と見直し

 

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

お問い合せ

 

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

 

株式会社緑化計画研究所
〒232-0072 神奈川県横浜市南区永田東2-27-17
電話:045-326-6587(受付時間:平日9:00~17:00)