種苗法違反事件:刑事裁判で判決:平成30年1月24日(水)

常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法違反事件・裁判情報・判決

種苗法違反事件
刑事裁判の判決:平成30年1月24日(水曜日)

常緑キリンソウ種苗法違反事件
屋上緑化メーカーと社長に対する刑事裁判の判決言渡し

日時:平成30年1月24日(水曜日)10:00〜12:00
場所:鳥取地方裁判所(第32号法廷)
内容:懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。
   社長は判決を不服として控訴しました。

概要:事件番号・事件名:平成27年(わ)第7号・種苗法違反
2015年7月6日の有罪判決を受けた緑化会社の農場経営者に続き、別途、屋上緑化メーカーと社長に対する種苗法違反の刑事裁判については、2018年1月24日に鳥取地方裁判所において懲役1年6か月執行猶予4年、会社に罰金200万円が言い渡されました。尚、社長は判決を不服として控訴しました。

違法製品を取り扱っていた場合(違法製品の使用について)はどうなる?

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る

→種苗法・品種育成者権とは
→種苗法違反事件の事例・育成者権侵害の事例につて
→種苗法条例TOPへ
→種苗法用語集TOPへ
→常緑キリンソウ(常緑キリン草・常緑麒麟草)の特徴TOPへ
→常緑キリンソウ袋方式・FTMバック・緑の夢袋プロジェクTOPへ
→常緑キリンソウ施工事例TOPへ
→屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・法面緑化の常緑キリンソウ.com TOPに戻る

緑化業者・ゼネコン・工務店・商社等の皆様へ注意事項

種苗法違反は、生産者や農家だけの話だと思いがちです。

種苗法の適用範囲は、工事を行った業者や流通業者も適用範囲となります。

また、下記についても十分な注意が必要となります。

 

●下請け、納品業者に違反があった場合においても元請業者にも責任
 及ぶ場合があります。


●知らないうちに侵害品を取り扱ってしまった場合においても、過失責任
 問われる場合があります。


●引渡し後の建物から、納品物(屋上緑化)の撤去が命じられる場合があ
 ります。


*下記マンガはあくまでも種苗法違反が起こった場合のイメージです。
*撤去は必ず実行されるものではありません。

施工業者の責任

*育成者権の侵害は、種苗法第35条に過失の推定の規定があり、これによって育成者権を侵害した者は、その行為について過失があったものと推定されますので、知らないうちに侵害品を取り扱ってしまった場合においても、過失がなかったことを立証しない限り、その過失責任を問われます。なお、罰則は故意の場合に限り適用されます。
*よく寄せられる質問-問36より − 農研機構HP 種苗管理センター

*育成者権が侵害された場合、@侵害行為を止めること、侵害行為において作られた種苗、収穫物若しくは加工品の廃棄を求めること等(差止請求)、A損害の賠償を求めること(損害賠償請求)、B信用の回復に必要な措置を求めること(信用回復の措置請求)が出来ます。
権利侵害のページをご参照下さい。

 

常緑キリンソウ(トットリフジタ1号)を購入する際には、必ず下記の点を確認しましょう。

 

1.常緑キリンソウ(トットリフジタ1号)の正規品・正規品取扱店なのかを確認しましょう。

2.常緑キリンソウ」(トットリフジタ1号:品種登録番号15866号)と違う場合には、必ず使用されて
  いる品種を確認しましょう。

3.購入先・仕入れ先の製品が種苗法上問題が無いとする文章(証明書類)を入手しましょう。

4.トットリフジタ1号との明確な特性の違いが有るかを確認しましょう。【確認事項1】

5.DNA解析等の報告書が有る場合には、試験の内容を確認しましょう【確認事項2】

*塩基配列の一致で種を同定する事は不可能です。国際DNAデータベースは基本的に
 塩基配列データのレポジトリー(保存場所)で、塩基配列のみでの品種判別は出来ません。

 

特に3番目〜5番目は非常に重要です。
この3番目〜5番目に明確に回答できないメーカーは信用できないと思ったほうがよいでしょう。

【確認事項1】【確認事項2】につきましては別途詳細がございます。

 

以上、十分に注意して登録品種を使用しましょう。

 

 

 →常緑キリンソウに関する重要なお知らせ:種苗法TOPに戻る